So-net無料ブログ作成
検索選択

目指せ!さらさら艶髪~正しいシャンプーのやり方~ [ヘアケア]

スポンサーリンク





髪は日常生活の思わぬところでダメージを受けています。今日は、そんなダメージを防ぐ簡単なシャンプーの仕方を紹介します♪

可愛いヘアアレンジばかりに目をとられて肝心なヘアケアをおろそかにしがちですが、カラーリングや紫外線、不規則な生活などなど、様々な要因で髪はダメージを受けています。


理想のサラサラで艶のある髪になるために、自分でできる正しいシャンプーの仕方をマスターしましょう!



【正しいシャンプーの手順】
①シャンプー前のブラッシング

ブラッシングをすることで、髪のもつれを取り、ほこりなどを落とします。この予備動作で洗髪がスムーズに♪ブラシは、目が粗く、クッション性のあるものを使うとマッサージ効果も期待できます。




②地肌からぬらし、まんべんなく予備洗い

38度程度のお湯に設定し、シャワーヘッドを地肌にあてて地肌からしっかりぬらし、指の腹で髪を揉みほぐすように予備洗いをして下さい。




③一度毛先の水気をきる

予備洗いが終わったら、一度毛先の水気を切ります。髪に水気が残りすぎていると、いざシャンプーで洗う際にシャンプー剤が水気と一緒に落ちてしまうため、泡立ちにくくなってしまうんですね。


対して変わらないだとうと思いがちですが、泡立ちの少ないままシャンプーをすると、必要以上に髪がこすれてしまい、ダメージへと直結することになりますので、水気はザックリでいいのでとるようにしましょう!!


続きは後半で♪


sponsored link





↓ ↓ ↓ ここから後半 ↓ ↓ ↓


④シャンプー剤は手でよく泡立ててからON

シャンプー剤を直接頭皮につけると、洗い残しの原因になります。シャンプー剤は手に適量を取り、泡立てネットなどで、十分に泡立ててから頭皮につけましょう。

ここでいう“シャンプー剤の適量”とはショート~ミディアムが1プッシュ。ロングなら2プッシュを目安にして下さい。

※それだけじゃ洗った気がしないという方は、予備洗いが不足している証拠ですよ♪




⑤頭皮をマッサージするように洗う

いよいよ本番です。シャンプーというのは、髪ではなく頭皮を洗うものですので、泡立てたシャンプーは直接頭皮に付けましょう♪

頭皮は指の腹で円を描いたり、ジグザグに動かしたりしてマッサージするように全体を洗っていきます。こうすることで、毛穴の汚れもとれ、血行がよくなる効果もあります。




⑥しっかりとすすぐ!!

洗い始めと同様にすすぐときも、頭皮からしっかりと流していきます。すすぎ残しがないように、ぬるつきがなくなるまで流します♪


よく、すすぎは洗った時間の倍かけて流すなんていわれていますが、その通りで、すすぎ残しがあるとここまでの正しいシャンプーが台無しになってしまいますので注意!!


☆合わせて、トリートメント、ブローの正しいやり方も参考にしてみて下さいね♪


スポンサーリンク




あなたにお勧めの記事

・目指せ!さらさら艶髪~正しいトリートメントのやり方~
http://bit.ly/12BcXOm
・ミディアムヘアアレンジ 編みこみのやり方
http://bit.ly/12DeIL1
・女子中高生にお勧め!お団子ヘアの作り方
http://bit.ly/11W9YVi


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました